iPhoneやandroid向けにアプリ開発を行うときの心構え

品質に対する心構え

アプリ開発における基準

既に世の中には多くのアプリがiTunesストアにて配信されています。 しかしライバルであるAndroidのグーグルストアと比べるとその数はまだ少ないと言えます。 これはアップル側の方針なので、より安心出来るアプリの 提供と言うルールに基づいての事なので仕方のない事です。 ですが、ipadでのアプリ開発自体はそこまで大変ではありません。 また身近には必要とされるが、お金を払ってまでは欲しくない、そう言った アプリを望む人も多くいます。 またそうした無料アプリは大量に存在しています。 仮にipad用の電卓を挙げます。 電卓程度のアプリなら無料でいくらでもありますが、それでも アプリ開発して儲けたい、と思う人は アプリ事態にオリジナリティを付ける必要が出てきます。

アプリのオリジナリティ

ipadで無料アプリを作る場合は、オリジナリティよりもクオリティを高く 仕上げる方が使う側にとっては喜ばれます。 また有料のアプリ開発を行いたい場合はそれに加え、バグや評価、利用者の声に 答え、アプリ開発を改善し続けて行く必要が出てきます。 無料アプリなら、多少のバグは許されても 有料アプリとしてのバグは致命的で許される物ではありません。 物を売る以上、商品なのですからきちんと開発して、アフターサービス を見越して作業する必要が出てきます。 ipad及びアップルはAndroid系と違い、アプリのチェックに厳しい面があります。 なので、Android系のアプリに走る人も多いです。 しかしルールさえ守れば、ipad、iPhoneなどで愛用されるアプリを開発する事はそう難しい事ではありません。 アップルがユーザーの事を考えているように、アプリ開発者もユーザーの事を考えて開発するのが良いでしょう。