iPhoneやandroid向けにアプリ開発を行うときの心構え

開発環境の知識

androidアプリの開発はJAVAです。

androidアプリの開発は、多くのプログラマーにとっては敷居が低いものです。 それはandroidのアプリ開発の言語のメインはJAVAだからです。 すでにその一種であるWEBでのJAVAスクリプトという言語を使っている人も数多くいます。 そもそもJAVA自体がメジャーな開発言語であるため、こうして既に普及をしている言語でアプリを作成できるように環境を整えているのは、androidの開発者がアプリ開発の裾野を広げなければ、十分なアプリが提供されないということをよく理解しているからです。 androidはこのようにメジャーな開発言語でアプリを作成できることから、多くのデベロッパーが開発に参画をしています。

iosで共通的なプラットフォームによる環境もあります。

iosの開発環境はアップル独自のobjective-Cで、アップルのマッキントッシュコンピューターを有して、OSXの環境にSDKを用いなければ開発できないというandroidから見ると非常にハードルが高くなっています。 しかし、iosとandroidの両方で動くアプリをできるだけ省力化して作成したいというのはプログラマーの願いです。 最近は、アップルについても最終的にはマッキントッシュでの作業が必要にはなるものの、android用にJAVAを使ってアプリを作成したものを、比較的容易にios用にもってくることも可能となってきています。 細かな機種の違いがあるなど調整は必要ですが、メインの部分が共通して活用できる場合も増えており、効率的に両プラットフォーム対応アプリとすることが可能になってきています。