iPhoneやandroid向けにアプリ開発を行うときの心構え

挑戦するための情報

iphoneアプリ開発をまとめサイトを利用してやってみよう

今飛ぶ鳥も落とす勢いで普及し続けているiphoneです。先日もiphone6が発売されてたくさんの人が購入しようと長蛇の列をつくりました。記憶に新しいと思います。操作のやりやすさや見た目の美しさに人気が集まりました。話題が話題を呼び親会社のアップルの株もウナギのぼりです。そんなiphoneですが、iphoneのアプリ開発は結構簡単だと言います。実際はどうなのでしょうか。 iphoneアプリ開発のNAVERまとめを見てみましょう。そこにはアプリ開発の方法をまとめたサイトがずらっと並んでいます。時計を引用したアプリの開発方法やJAVAscriptを使った方法などが記されています。これを読めばiphoneアプリ開発ができるのでしょうか。期待がわきます。

開発ツールを使えばこの価格でできる

まとめサイトで私が気になった「使い方ネットiphoneアプリの作り方」というサイトを見てみましょう。これを読むとアプリはAppstoreで無料から100円位で購入することができるそうです。一般のユーザーでもアプリを販売して収入を得ることができるようです。iphoneSDKという開発用ツールが無料で提供されるようです。なんとボタン画像なども用意されていてドラッグ&ドロップで開発ができてしまいます。このSDKの解説書なども販売されているようです。この方法で開発したソフトを日本円で1万円〜3万円の登録料を支払うことで世界に公開、販売ができるそうです。この開発ツールのSDKはマックOSのソフトです。これはマックパソコンを購入して開発するしかないでしょう。